海外のプロゲーマーのほとんどはシベリアv2

海外のプロゲーマーほとんどシベリアv2だった。海外のFPSのプロゲーマーみたい。世界ランカー=海外のプロゲーマーなんだよな。Nukeはぬーぶ専用。海外のプロゲーマーみたいにゲームだけってのは難しそうだし望みは薄い。海外プロゲーマーが来日した時「出待ちが居なかったのは日本とオーストラリアだけだ」って言った。相変わらずプロってだけでコメント荒れててワロタ。海外じゃプロゲーマーって普通だけど、日本じゃ「プロってwww」だもんな。CSGOの海外プロゲーマーのフラグムービー見るとSAとかAVAとかのフラグムービーが一気にしょうもなく見える。海外だとプロゲーマーも職業になるとか。海外のプロゲーマーとかみても年下の人が増えていってるのが辛い。RoughSketchとかMyosukeの曲聞いてかっこいいと思った音ゲーマーは海外のガバとかメインストリームも聞くことを強くオススメする。

海外のゲーマーはPCが主流らしいからね。ダクソとかはPC版出せって騒がれた上に出したらPS3と大差ないスペックで相当いろいろ言われてた。一部のやりこみゲーマーへの挑戦状だと思ってる。ちなみに海外だと簡単過ぎるゲームは不良品扱いされるとか。同じゲーマーに通じにくいジャンルの筆頭ってRTSな気がする。海外はともかく日本だと。ぶっちゃけ格闘ゲーマーはそれを望んでる。ストーリーなくていいからVSとトレモ、アケモだけで早期に出して欲しいって皆が思ってる。アークは家庭用までに時間かけるから。一方、海外の事も考えて早期発売のスト4の家庭用は熱帯以外はクソ。海外在住のゲーマーの人(コレクターの人)とかとコンタクト取ってやりとりするのも何気に情熱とかないと出来ないからスゴいな。元々海外で発売されていたカラオケゲームLipsを日本仕様にしたコンテンツで、一部のゲーマーの火を付けたようだ。音階の変化が少ない童謡をマスターしたりと、攻略が進んでいるよう。鬼実績も物ともしないハイエンドゲーマー恐るべし。海外の一部のゲーマー向けじゃね? 結構、海外って古いゲームずっとやってる人とか居るし。